ケールの魅力と有効成分

ケールの魅力と有効成分

健康によいと評判を集めている「青汁」ですが、青汁に含まれている成分の代表格といえば、なんといってもケールです。
ケールは、ヨーロッパを中心として、特に地中海沿岸を原産地として知られているアブラナ科の植物で、キャベツやブロッコリーの原種ともいわれています。ヨーロッパではでは料理の食材として使われることも多いのですが、日本ではそもそも自生しているタイプの野菜でもないですし、スーパーで販売されている野菜でもありません。そのため日本では料理用の食材と言うよりは、青汁の原材料として栽培されていることが多いです。
近年の研究で、ケールには発ガン性物質の活動を抑制する効果があることが明らかになるなど、非常に有益な野菜としてますます注目が集まっています。それもそのはず、ケールは緑黄色野菜の中でも、ビタミン類やミネラル類のうち、人間の身体に必要な栄養成分をバランスよく含んでいる植物で、まさに天然の万能サプリメントと言われるほどの効能がある野菜です。特にビタミンAやカルシウム、最近ストレス耐性が高まるとして人気の成分「ギャバ酸」なども豊富に含んでています。本来は苦味があるのですが、青汁に生成されるときに苦味を取り除いたりのどごしのよい加工がなされているので、安心してケールを取り入れて欲しいですね。