活性酵素をノックアウト! 青汁の力を信じよう!

活性酵素をノックアウト! 青汁の力を信じよう!

最近、体内の酸化が問題視されています。体内の参加とはあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、どうしても人間が生きているかぎりは参加とは切っても切れない関係があるのです。というのも人間自身は呼吸をしますが、この呼吸により体内にとりこまれた酸素が、体内で分解されるときに活性酸素に変化します。この活性酸素は体にダメージを与える物質とも言われていて、活性酸素が主要な細胞に傷をつけたり、血管の壁を弱くしてしまったりするなど、次第にボディーブローのように効いてくるような実害を与えてしまうのです。
これらの実害を受け続けてしまうと動脈硬化や細胞のガン化など、さまざまな病気を引き起こしてしまう恐れがあるのですが、逆に活性酸素を消し去る抗酸化物質というものもこの世界には存在します。これらは毎日の食事からでも摂取して可能ですが、必要な分だけ抗酸化物質を効果的に摂取できるかどうかは微妙です。
最近話題の栄養補助食品「青汁」には、減量としてケールが含まれています。ケールには抗酸化物質が他の野菜より豊富に含まれていることがわかっていて、脳の活動を安定化させるメラトニン、自律神経の活動を安定化させるクロロフィル、そして細胞そのもの参加を予防するポリフェノールなど、多数の栄養素が含まれています。これだけの栄養素を毎日1杯飲むだけで必要な量を満たせるのは、何と言っても青汁だけですよ。