レタス1個より1杯の青汁が効く?

こんなにあるんだ!青汁の効果。とにかく飲んでみよう!

最近、特に一般の成人男性を襲う健康問題と言えば、なんといってもメタボリック症候群。メタボリック症候群という言葉を聞くようになって数年起ちますが、人間ドックなどでも専門診断が義務付けられるなど、メタボリック症候群の解消と予防は社会現象になっていると言えます。その理由は、やはりメタボが成人の健康を害するから。メタボは成人病や心筋梗塞、それに動脈硬化、脳卒中などになるリスクを高めてしまう要因ですから、バランスの良い食生活を心がけて栄養過多にならないように日々の生活を送る必要があります。
2009年に出された厚生労働省の指針では、成人1日あたりの野菜摂取量は350グラムといわれています。しかし、なかなか意識していても毎日野菜をしっかりとは食べられないものです。350gとなるとレタスにすると中ぐらいのレタス1個分です。これをしっかり食べるとなるとなかなかむずかしいでしょう。
そこでみなさんを助けてくれるのが青汁。普段不足しがちなビタミンやミネラルなどをバランスよくとることが必要不可欠。青汁にはさまざまな栄養素がバランスよく含まれていて、最近注目されている抗酸化物質「ポリフェノール」類もしっかり配合されています。メタボの人に多くみられる血液のドロドロにも効果のある成分がたくさん含まれていますので、メタボ体質を徐々に改善していくには非常に効果のあるアイテムだと言えます。